読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的にラブライブ!を振り返る!!

自分にとってラブライブ!とはなんだったのか

TVアニメ ラブライブ! 2期 オリジナルサウンドトラック Notes of School idol days~Glory~

 さて、本日2つ目の記事では自分にとってμ'sとは、ラブライブ!とは何だったのかを考えていこうと思います。

 

 

最悪の出会い

タカラモノズ/Paradise Live

 「ラブライブ!」や「ラブライバー」のようなワードだけは以前から頭に入ってはいました。

 しかし、ラブライブ!を本格的に知るようになったのは2014年、高校1年の時です。

 きっかけは、入学当初入っていた放送部で大流行していたことから。

 その流行に一役買っていたのが、かの有名なスクフェス

 少し苦手だった先輩を筆頭に、皆スクフェスをやってたのですが、この時の僕はそんなにラブライブ!に興味が持てなかったので、スクフェスをやらなかったのです。

 するとまぁ、当然の如く村八分のような状態にされてしまうわけですよ。

 更に、以前の記事でも書いたようにヘマばっかりするもんですから、周りから嫌われ、陰口や罵倒などをされ続け、そのまま追い出されるような形で部活を辞めてしまったわけですね。

 そして、その時はお門違いだとは分かっているのですが、ラブライブ!のことが憎くてたまりませんでした。

 

 

好きに変わった瞬間

僕らは今のなかで

 それからというものの、なるべくラブライブ!は避けるようにしていました。

 ラブライブ!は悪くないのは分かっていますが、どうしても放送部でのことを思い出してしまうのです。

 しかし、中2の秋にふと思いました。

 

「一度アニメを見てみよう」

 

 丁度、配信もされていましたので、全26話を一気に視聴しました。

 第1話で釘付けに。続く2話、3話でどハマり。

 気がつけば13話まで見てた。

 視聴すること3日、その時にはもうラブライブ!の虜となっていたのです。

 

 それからというものの、高校生活はつまんねぇままだけれど、どこか心にゆとりができました。

 元々は大嫌いだったラブライブ!をここまで好きになれるなんて正直思ってませんでした。

 それから、2015年の紅白に出演したμ'sを見て感激し、その後のEテレでの放送もしっかりチェック。

 「MOMENT RING」が発売されると、ゲーマーズまで買いに行ったこともありました。

 そうやって少しだけ世界が広がりました。

 

 

新たなる輝き!!

君のこころは輝いてるかい?(Blu-ray Disc付)

 2016年の4月、μ'sがFINALライブをやるとともにラブライブ!サンシャイン!!」の時代に入っていきました。

 今度は前より身近に、そして前よりもっと楽しく応援しようとAqoursに接していきました。

 そしてこれからも、μ'sやAqours、そして更なるスクールアイドル達の活躍をこの目で追いかけていきたい。

 

ラブライブ! μ'sファイナルシングル「MOMENT RING」

 

 最悪な出会いから、最高の元気をくれる存在のひとつへ。

 

ラブライブ!はこれからもずっと。